法人向けだからこそ出来るメリット

法人向けパソコンとはどんなものか

パソコンには家庭向けと法人向けのものがあり、会社などでは法人向けのものが利用されるケースが多いと言えます。この法人向けパソコンは家庭向けと何が違うのかというと、それは余計なソフトが入っていないということです。家庭向けのパソコンにはサービスの一環としてさまざまなソフトがあらかじめ入れてあるのですが、それらのソフトは仕事で使う上では不要なものも多く、パソコンの動作を遅くする原因にもなってしまいます。ですので法人向けパソコンを購入する際は、OSのみしか入っていないようなシンプルなものを選ぶとよいでしょう。そして値段に関しては、家庭向けと同じスペックのものと比べると2万~3万円程度安く購入できるというメリットがありますし、スペックにこだわらない場合はさらに安いものを選ぶこともできます。

法人向けパソコンのリースについて

法人向けパソコンは、購入するだけでなくリースという形で利用することもできます。リースのメリットとしては、購入する場合と比べて初期投資の費用が安く済むということがまず挙げられます。そしてリースする期間が終了すると新しい機種に変更してもらえるため、最新のパソコン環境を常に維持できるというメリットもあると言えるでしょう。さらにリースの場合は、アフターフォローのサービスがあるという点も大きなメリットです。パソコンを使っているとなにかしら不具合やトラブルが起こることがあります。しかしリースであれば、すぐに対応してもらうことができますし、場合によっては新しいパソコンと交換してもらうこともできるため、初心者にとっても安心だと言えるでしょう。