法人向けパソコンのリース方法とは?

耐用年数内で効率的に更新が行える

会社での業務の効率は、パソコンを始めとしたIT機器の影響を受けると言えるでしょう。パソコンは常に進化をしていて、処理速度が速くなったり、記憶容量が増えたり、より安全に使えるようになります。古いパソコンは新しいパソコンよりも劣るので、古いパソコンを使っていると知らないうちに業務効率が悪くなります。法人向けパソコンを購入すると、古いパソコンでも使えるだけ使ってしまいます。見た目にはコストは安く済みますが、業務効率が悪くなれば生産性が落ち逆に経費が上る可能性があります。リースを利用してパソコンを調達すると、リース期間ごとに新しいパソコンに変更します。ですから常に効率的な業務が行えるパソコンの利用が可能になります。

調達時のコストを抑えられる

一般的な法人向けパソコンは、10万円から15万円ぐらいになるでしょう。もちろんそれ以下でも買えますし、ウェブデザイナーなどに対してはより高いものが必要になるかもしれません。社員の多くがパソコンを使うので、必要になるたびに準備が必要です。購入をすると、その都度購入資金が必要になります。1台なら10万円ぐらいで済みますが、100台となると1台分の100倍の資金が必要で資金繰りを圧迫します。法人向けパソコンをリースする方法を利用すれば、導入時のコストはそれほどかかりません。1台当たりの毎月のコストは耐用年数を月割りした金額に一定の利息を加算した程度です。5年リースなら価格の60分の1に利息を足すぐらいなので、楽に調達ができます。