企業で使うパソコンはリースでおまかせ!

パソコンを購入するのはもう古い

パソコンも毎年のように新しい機種が販売されて、今までなかったような機能が搭載されていたりします。そのため新機種が出るたびにパソコンを買い替えるのも企業によっては仕方ない業種もありますが、多くの企業では無駄な支出になります。しかも購入することで購入資金も必要になり、台数が多ければ企業の資金繰り面でも多額な支出になるため、資金計画を見直す必要にもなりかねないのです。そのため、最近の企業ではパソコンを購入するのではなくリースで借りるところも多くなっています。リース契約ではリース期間中に毎月均等にリース料金を支払えばよく、3年、4年といった期間でリース契約をおこなうことで、企業にとってもメリットは多くなります。

メリットが多いパソコンのリース

メリットとして、支払いが毎月均等なので、一時的に多額の資金が必要になる購入よりも資金繰り上安全です。また契約期間が終了することでリース物件を再リースすることもでき、その場合は最初の契約期間のリース料金よりも安くなります。一方で、契約期間が終了するタイミングで機種に見直しをすることできて、新しい機能が搭載された新型のパソコンにリースし直すという選択肢もでき、古いバージョンのパソコンを使い続けるということも必要なくなります。また購入したパソコンは最終的に処分する必要があり、その場合にも処分必要がかかりますが、リースの場合は契約を終了するのであれば返却するだけで済みます。またリース契約の多くは保守契約をしているところも多く、多少の故障やトラブルの場合には無償で対応してくれたりします。